赤ちゃんの肌は敏感|お風呂後の乾燥に注意しよう

子供

使用期間が短いグッズは

親子

ベビーベッドなど、使用期間が短いベビーグッズは、レンタルするほうがお得な場合があります。必要なくなれば返却できるので、保管場所の必要もないので人気があります。注文すると玄関先まで届けてくれ、使用期限の延長も可能です。引き取りも玄関まで来てもらえます。

もっと読む

嫌がる時の対処法

赤ちゃん

母乳だけではなく、ミルクも使って育てようと思っているのに、哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんもいます。赤ちゃんによって嫌いな理由は様々ですので、ママも不安になってしまいますよね。ですが、一時的なものですので、あまり不安にならないようにしましょう。

もっと読む

お出かけに必要です

母子

紫外線量が増加したことによって、肌の弱い赤ちゃんにも日焼け止めの使用がされるようになりました。赤ちゃんのデリケートな肌に使用しても安全な成分で作られ、水やお湯で簡単に落とすことができます。肌の状態をよく見て合うものを塗布することが大切です。

もっと読む

カサカサ肌の防止

乳児

大人より皮脂量が少ない

生まれてばかりの赤ちゃんは、水分たっぷりの皮膚の状態になっています。しかし、生後1ヶ月が過ぎてくると、段々水分量や皮脂分泌量が減少していきます。また、お腹の中と違って、外部環境からの刺激がたくさん入ってきます。そのため、いつの間にか乾燥しやすい肌になっている赤ちゃんはとても多くいます。赤ちゃんの肌が乾燥することで、様々なトラブルが増えてきます。乾燥すると、肌がカサカサになって痒みが出てきます。痒くなると、赤ちゃんは掻きむしってしまうので、そこから湿疹が出ることもあります。特に、お風呂上がりは体の汚れた皮脂を石鹸で洗い流すので、皮膚の皮脂が一番少ない状態です。カサカサ肌にならないために、予防や改善策はいくつかあります。

保湿が重要

予防、改善策として最も重要なのは、保湿です。赤ちゃんの肌は大人と比べてバリア機能が弱いです。そのため、ちょっとした刺激に大きく反応してしまう傾向にあります。乾燥は様々な肌トラブルを増長させてしまいます。必ず保湿クリームを適度に塗ることが大切です。特にお風呂上がりのスキンケアは、お風呂上がり後の5分が大事です。早く保湿クリームを塗らないと、肌の水分がどんどん減少していきます。そのため、お風呂から上がったら、すぐにクリームを塗りましょう。また、乾燥肌気味の赤ちゃんは、1日のうちに何回か塗ると良いです。外出時にも塗れるように、カバンに一つ携帯しておくと便利です。なお、保湿をしても湿疹が治らない場合は、早めに皮膚科か小児科で診てもらうのが良いです。