赤ちゃんの肌は敏感|お風呂後の乾燥に注意しよう

ベイビー

お出かけに必要です

母子

肌に優しい成分です

近年、紫外線量が増加したことによって、大人のみならず子供も紫外線対策が必要になってきています。特に皮膚の弱い赤ちゃんの場合には紫外線が刺激となる場合もあるため、赤ちゃん用の日焼け止めを使用することをおすすめします。赤ちゃん用の日焼け止めの特徴は肌に優しい成分で作られているという点です。間違って赤ちゃんが塗布した場所を舐めてしまっても大丈夫なアイテムもあります。また、日焼け止めを落とす際も、お湯や水で洗い流すだけで済むものが多いため、肌の弱い赤ちゃんに優しい作りといえるでしょう。歩き始めた赤ちゃんは外に出る機会も多くなります。ベビーカーに乗っていた時に比べて、日陰を作りにくく日焼けが心配になります。このようなときに安心して利用できるのが赤ちゃん用の日焼け止めの特徴なのです。

肌に合うものを塗布

赤ちゃん向けに販売されている日焼け止めの多くが、アレルギー反応などしにくい成分で作られています。しかしながら、初めて日焼け止めを使用する際には、パッチテストを行うなど肌の反応やトラブルがないかなど確かめることが大切です。また、実際に使用してみて、肌が赤くなったり、腫れたり、痒がるなどの症状が見えた場合には、使用を停止することが大切です。赤ちゃんの肌はとてもデリケートであり、汗やそれ以外の物質でも反応をしてしまう場合があります。赤ちゃんの肌の状況を判断したうえで日焼け止めの使用をすることがとても大切です。現在、数種類の日焼け止めが販売されているため、実際にいろいろためにして、肌に合うものを探すことをおすすめします。